ひとりでいるしあわせ

ひとりで何かをすることに無上の喜びを感じる そんな内向型な私の一人行動の記録

季節のあんずジャム

 

けっこう日にちがたってしまいましたが、毎年恒例のお楽しみ「あんずジャム」を作ったので記録を。

 

あんず購入日:2017年6月30日(金)

 

「あんず」は本当に短い期間の季節もので、時期を逃すと入手できない果物、というのが私の感覚です。

毎年、あんずを購入しているスーパーがあるのですが、今年はそちらにあまり出向くことがなくなった為、あらかじめ予約しておくことに。

電話でも、あんずの入荷は少ないとおっしゃっていました。

 

無事に入荷のお電話をいただき購入したのが2017年6月30日(金)

3パック購入しました。

f:id:reihasaniha:20170703123623j:image

f:id:reihasaniha:20170703123641j:image

 

翌日、早速にあんずジャム作りにとりかかりました。

 

 あんずジャム作り

 

あんず 1900g (種をとった状態)

砂糖 570g

 

 

1時間ほど水にさらします

f:id:reihasaniha:20170703123702j:image

 

 

水をきり、丁寧に水分をふき取ったら、包丁で半分にカットし、種をとる

f:id:reihasaniha:20170703123736j:image

 

 

分量のお砂糖をまぶしてしばらく放置します

f:id:reihasaniha:20170703123748j:image

 

お砂糖が溶けてきたら火にかけます

f:id:reihasaniha:20170703123805j:image

 

 

水分があがってきます

f:id:reihasaniha:20170703123847j:image

 

 

 

 アクが大量に出ますので、丁寧に何度もとります

f:id:reihasaniha:20170703123915j:image

 

 

 アクをボウルにとったところ

上澄みだけがアクなので、更にそのアクをとり

f:id:reihasaniha:20170703124028j:image

 

この状態にしてお鍋に戻します(節約?もったいない精神)

f:id:reihasaniha:20170703124042j:image

 

 

だんだん実がとけてきました

 f:id:reihasaniha:20170703123941j:image

 

 

 だいぶジャムらしくなってきました

f:id:reihasaniha:20170703124119j:image

 

 

ここまで来たら、好きなとろみ加減まで煮詰めます

f:id:reihasaniha:20170703124127j:image

 

 

完成、たっぷりできました

f:id:reihasaniha:20170703124213j:image

 こちらは小分けにして冷凍します

 

 

瓶詰めも作りました

f:id:reihasaniha:20170703124222j:image

 

 

反省点

 今回は大いに反省点が・・・

まだ出周り始めの「あんず」熟れていなくジャムにしたら酸味が際立ってしまいました。

昨年はお砂糖30%で十分、甘さも感じられるジャムができたけど、毎回同じとは限りませんね。

あんずの状態もきちんと確認しないといけないな、と反省しました。

来年も同様だったら、お砂糖を増やして調整しよう。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

『邪馬台国の風』『Santé!!』 東京公演観劇


 

少し前の話ですが、花組の『邪馬台国の風』『Santé!!』を東京にて2度ほど観劇してきました。

 

f:id:reihasaniha:20170816180332j:image

 

 

花組には私の好きなジェンヌさんがたくさんいます。

目がいくつあっても足りないくらい。

正直、お芝居、レビュー共に内容は私好みではありませんでしたが、好きなジェンヌさんが至る所でキラキラ活躍されているのを見ることができたので大満足な観劇となりました。

 

備忘録として感想をつらつらと

 

 

ちなつ様こと鳳月杏様、

しっかり男役の上に妖艶で美しく、舞台に出ていらっしゃると目が離せません。

見ていて本当にドキドキする大好きな男役さんです。

お役のアシラ、格好良かったのに登場や活躍シーンが少なくてもったいないなぁと思いました。

 

マイティーこと水美舞斗様、

内側から輝きすぎではないですか。

存在がクリスタル過ぎて、ちなつ様同様に目が離せません。お二人が同時に舞台にいらっしゃると本当に困ります。。。目は二つありますが、二人同時に凝視することはできませんので、、、><

プリマドンナのシーンはアダルトなダンスにドキドキしてしまいました。

本当にダンスが上手で、いつまででも見ていたいと思ってしまいます。

 

城妃美怜ちゃん、

Ernest in Loveのキュートなセシリィを見てから大ファンです。

イサカは他とは一線を画したお役で、尚且つとても丁寧に演じられていたので存在感がありました。

次回は美怜ちゃんのソロで歌うシーンがあるといいなぁ。

 

夏葉ことりちゃん、

なんでしょう~、ことりちゃんが舞台に出てくるとどうしても目で追ってしまいます。

村人のダンスシーンや、ロケットで、それはそれは楽しそうに踊っていて。

ことりちゃんに合うお役ってけっこうありそうな気がします。

今後の活躍が楽しみな娘役さんのお一人です。

 

 

『Santé!!』

 

f:id:reihasaniha:20170816180347j:image

(地味に天井のミラーボールがかわいい)

 

 

今回のレビューでの目玉の一つと言ったら、やはり客席降りではないでしょうか。

1回目の観劇では通路から2番目だったので、これはSanteできるだろうと踏みグラスを用意しましたが、残念なことにSanteできませんでした・・・

この観劇は姪招待で彼女がメインの観劇だったので姪には通路席に座ってもらい、無事にSanteもハイタッチもできましたのでよし、としました。

 

2回目は上手側の真ん中あたりだったので、いろいろ観察しようかと思ったのですが・・・タソ様(天真みちるさん)のSanteに釘付けに。

タソ様は、通路に到着したそばから周囲のお客様とたくさんSanteをされていてサービス精神旺盛という感じだったのですが、必見は曲に合わせてのSanteの部分、、、なんと片足ついて目を見てSanteをされていたのですよ。

もーう、その素敵なお姿を見てフワーッと意識が遠のきそうに。

周囲からもワーッ、とかキャーッって声があがっていました。 

タソ様に夢中が終わると、最後にゆきちゃん(仙名彩世さん)が超ダッシュでステージに戻るところをキャッチしましたが、これもまたすごかった。

超ダッシュなのに、キラキラ笑顔、ぜんぜん息切れしていない。ドタドタもしていない。

美しくタフなゆきちゃん、格好良かったです。

 

 

ジゴロのシーンは言葉で表現しきれないくらい格好良くて、こういう怪しく強引な感じの男性を演じる明日海りおさんが私はすごく好きだと気づきました。

私だったら、目を見ただけでコロリと虜になってしまいますが、ここもさすがゆきちゃん、色気のあるいい女で怪しい駆け引きを見せてくれましたね。

 

大好きな美穂圭子様はもう本当に圧倒的な歌唱力で素晴らしかったです。

美穂圭子様のソロコンサートがあったら、何が何でも伺います、と思った次第です。

 

 

以上、簡単に観劇記録でした。

 

次は、All for One』観劇予定。

日本で一番スーツの似合う色男りょう様、可愛い可愛いちゃぴ様の月組

観劇できるのが待ち遠しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自家製エシャロット 塩漬け/甘酢漬け

 

庭の家庭菜園で採れたエシャロット

f:id:reihasaniha:20170613220534j:plain

 

葉を落とした状態

f:id:reihasaniha:20170613220541j:plain

 ちょっと小粒・・・

なので、らっきょうと同じように塩漬け→甘酢漬けにすることに

 

 

 

塩漬け

 

2017年6月11日(日)

 

【材料】

 エシャロット 200g

 塩 20g (エシャロットの10%)

 

くっついている玉はバラして、よく洗い、薄皮はとる。

f:id:reihasaniha:20170613220740j:plain

 茎と、ヒゲを丁寧にカットする。

 

 

これはまだ塩を入れた状態だが、ここに水をいれて、

塩水にして一週間(冷蔵庫保管)

 f:id:reihasaniha:20170613220749j:plain

 2日に一回くらい、空気を入れてあげる。

 

 

甘酢漬け

 

塩抜き

まずは塩水を切ったエシャロットをボウルに入れ、水を数回、入れ替えて塩抜き。

少し塩気が残る程度であげる。(半日ほど)

 

 

【甘酢】

 千鳥酢 135cc

 酒 65cc

 甜菜糖 1/2 cup

 しょうゆ  大1/3

 赤唐辛子 1本

 

 

甘酢を琺瑯鍋で煮溶かし、水気を切ったエシャロットを入れる。

f:id:reihasaniha:20170613081649j:image

沸騰しないように気をつけて7分

 

 

冷めてから瓶詰め、上に唐辛子をのせて

f:id:reihasaniha:20170613081639j:image

 

 

なかなかどうして、立派じゃあないの

f:id:reihasaniha:20170613081642j:image

 

 

あまりに小さくて大量のエシャロットを前に途方に暮れたけど、

こんなに美味しそうに変身してくれ、感動もひとしお

f:id:reihasaniha:20170613081644j:image

 また宝物が増えました