ひとりでいるしあわせ

ひとりで何かをすることに無上の喜びを感じる そんな内向型な私の一人行動の記録

幕末太陽傳 千秋楽 ライブ中継

 

来月からの東京公演前の予習と、千秋楽とはどんなものかの勉強も兼ねて、

昨日の宝塚大劇場 幕末太陽傳 千秋楽 ライブ中継に行ってきました。

 

f:id:reihasaniha:20170530121557j:image

 

TOHO 日本橋、意外にも満席ではありませんでした。私の隣も空いていたし。

お席は後ろから2番目で見やすかった。

 

 

幕末太陽傳

 

少しの予習で観ましたが、ラストまであっという間で、とても楽しめました。

オペラで忙しくない分、集中して観ることができたのも良かった。

私にとってオペラは結構ストレスなのかも・・・

 

映像なので細かな表情をたくさん見ることができ、ちぎさん(早霧せいなさん)のくるくる変わる表情には本当に引き込まれました。

やはりどう見ても男性にしか見えない。

動きもコミカルだし、小物の使い方が絶品で、最後まで切符がよく飽きないキャラクターを演じられていました。

 

ゆうみちゃん(咲妃みゆさん)は、さすがの女優さんで。

普段のおっとりした話し方からどうしたらあの声音が出てくるのか・・・そのギャップに毎度驚かされます。

 

今回、私の視線を捉えて離さなかったのは、あんりちゃん(星乃あんり)演じるこはる。

小悪魔的なかわいい女郎が本当にぴったり。

かわいいだけでなく、女郎としての生きる度胸もあってすごく素敵な舞台姿でした。

 

 

Dramatic “S”!

 

こちらは正直、あまり覚えていない。。

ショーがタイプでなかったということではなく、やはりショーは躍動感ある空間で観る生の舞台に限る、という結論。

先に生でショーを見てからの映像だったら、違う感想が出てきたと思うが。

来月からの東京公演を楽しみにします。

 

ショーでひときわ印象に残ったのは、だいもんさん(望海風斗さん)

あのお方、舞台の上だとものすごく濃く見える。

アイスで言うとピエールマルコリーニの濃厚チョコアイス、お酒で言うとブランデーストレートのような。ものすごく濃厚。存在感抜群でいいですね。

 

また103期生のロケット、懸命に晴れ晴れと踊るフレッシュな姿は本当に清々しかったです。

 

さよならショー、盛りだくさんで華やかでした。

でも、私自身、エネルギーが切れてしまって・・> <  集中できず。

退団者ファンの方にはたまらないショーであったことは間違いありません。

 

そして退団者の挨拶、袴姿で大階段を降りてくるお姿にはグッと胸に迫るものがありました。

 

 

さてさて、幕末太陽傳はしっかり予習できたし、あとは東京公演を待つのみ。

今回本当にチケット難で・・・なんとか確保できた一枚のお席はちょっぴりいまいちなので、先にライブ中継で予習できてとても良かった。