ひとりでいるしあわせ

ひとりで何かをすることに無上の喜びを感じる そんな内向型な私の一人行動の記録

宝塚とわたし

 <出会い>

黒木瞳さんの映画を見た後、黒木瞳さんについて気になり、インターネットで調べたところ、宝塚時代のお写真を拝見する。

華やかで可愛らしく美しいそのお姿に一瞬で魅了され、宝塚って一体なに?と調べていくうちにその華やかな世界の虜になってしまった。

 

<初観劇まで>

それならと早速観劇しようとしたろこと、チケットがない。まったくない。

映画みたいに簡単にとれるものと思っていたがどうも違うらしい。

右も左も分からない初心者にも達していない私が調べに調べて知ったのは、東京公演は特にチケット入手困難ということ。

そして当日券というのがあると知ったので、たまたま空いた平日に並んでみようと行ったところ、大雨の日なのにすでに列が。

とりあえず並ぶも後ろに来た親切なおば様によりこの列はソワレのチケットだったと知る。マチネで観劇したかったため、マチネ列を見に行ったところ、入り口前の屋根のあるところにすでに大人数が待機していたためこの日は断念。

並ぶところも知らないスーパー初心者でした。

 

見れないとなると見たくなるのが人間の性か、

どうにかしてチケットを入手できないものかと、調べたところチケットサイトがあるのを知る。

上乗せチケットが多い中(色々事情もあると思いますが)、定価の方よりチケットを譲っていただきめでたく初観劇を果たす。

初観劇は、花組公演「ME AND MY GIRL

最初はあまりの非現実感についていけず、観るのに必死だったと思う。

 

 

<観劇後>

私は、その時よりも後からじわじわくるタイプで宝塚も観劇した2~3日後から、なんて素晴らしかったのだろう、と感激が爆発しだした。

それが今日まで続いています。

 

<現在>~タカラジェンヌは麗しい~

圧倒的な美と品格で作り上げられるキラキラした世界観。

右を見ても左を見ても、足のつま先から頭のてっぺんまで、美しく麗しいとしか表現できないジェンヌ様たち。

そんな圧倒的麗美のジェンヌ様が歌い舞い踊り作り上げられる舞台を観劇することは私にとって夢のような時間です。

 

また、あのキラキラ世界観の中で、卓越した歌唱力を聴けると本当に幸せな気分になります。

観劇するごとに記憶に残るジェンヌ様が増えてくるので、公演回数を重ねる度により一層、楽しめるのもまた宝塚の醍醐味のひとつだと思っています。

 

自分に合ったチケットの入手方法も身につけられたので、しばらくは全組観劇予定。

 

 

 

好きな組 : 花組宙組

 

大好きな女役 : 美穂圭子様

 

好きな男役 : 彩風咲奈さん、鳳月 さん、水美 舞斗さん、風馬 翔さん

 

好きな娘役 : 愛希れいかさん、桜咲 彩花さん、城妃 美伶さん、

        白雪さち花さん、舞咲 りんさん

 

気になる娘役 : 華妃まいあさん、美薗さくらさん

 

 *歌声、芝居、役柄から好きになる傾向あり

 

好きな演目:Shall we ダンス?』 *再演熱望

 

好きなレビュー:Golden Jazz、Viva Festa

 

好きな楽曲: ひとかけらの勇気 (スカーレット・ピンパーネルより)

 

 

 

 as of 2017.08

(大好きな宝塚への想いをタイムリーに残したいため、このページは随時更新)