ひとりでいるしあわせ

ひとりで何かをすることに無上の喜びを感じる そんな内向型な私の一人行動の記録

スカーレットピンパーネル 観劇

 

5月21日(日)阪急交通社貸切公演を母と観劇に行ってまいりました。

 

f:id:reihasaniha:20170522224354j:image

 

星組観劇は始めて。

紅さん(紅ゆずるさん)のお人柄の良さと、あーちゃん(綺咲あいりさん)の可愛さを拝見するのが楽しみでした。

 

f:id:reihasaniha:20170530230714j:image 

この横顔、好き

 

 

スカーレットピンパーネル

 

最高に華やかな舞台。

2部仕立てでボリュームがあり、すごく見応えがありました。

 

紅さんパーシー、ものすごく丁寧に大事に演じられている感じで、最後までしっかりと存在感を発し続けていました。

だからこそ長時間の舞台、私も集中して(必死??)観劇することができました。

グラパンはひたすら面白かった。あの変装どうやってつけてるんだろう?

ただ、ロベスピエールがグラパンなぜあそこまで信用するのか・・ちょっとそこが理解できないところでしたが。

 

あーちゃんマルグリッド、普段はもうただただ可愛いあーちゃん、それが雰囲気も声音も低めに変わり、ここまで別人を演じれるんだと驚きました。

ショーヴランへの冷たい演技や、パーシーへの愛を再認識してからの覚悟が伝わる演技、とても格好良かった。

f:id:reihasaniha:20170531124008j:image

 デュエットのこの表情、最高にキュート

 

 

ショーブランの礼真琴さん、会場全体を包むというより会場の外まで突き抜けるような迫力のある歌唱力が本当に凄かった。

しかし、ショーヴランがいい人にしか見えなかったのは私だけでしょうか・・

任務遂行に忠実で、生真面目に昔の恋人を思って、健気男子。

 

ショーブラン、そしてロベスピエールの七海ひろきさんもそうだけですが、もうお姿がまず麗しいから、悪役、敵役?(悪役ではないのかもしれないけど)見えず。

演技が下手とかでなく、どうしても美しさや麗しさが先行してしまう。

 

マリーの有沙瞳ちゃん

赤いドレスがよく似合っていて、慈愛溢れる演技が魅力的。

ケイレブの時の歌手も本当にキュートで歌も上手で、今回はソロの場面が少しだけだったのが残念、もっと聞きたかった。

 

もっと聞きたかったといえば夏樹れいさんのサン・シール公爵も。

マダム・ギロチンでの歌唱は圧倒的で一番印象に残りました。

 

  

さいごに

 

色とりどり華やかなドレスが盛りだくさん、ナンバーも多く、私はこういう華やかな舞台が好き。

 

星組さんは、まとまりがあって雰囲気がよく、美しい宝石箱に綺麗に整列していて、宝石箱からは繊細で柔らかな光を放っているようなそんな印象を受けました。

 

スカーレットピンパーネル、こうなると初演、続く作品も見たくなってしまう。

宝塚、、おそるべし。

 

 

 

 

幕末太陽傳 千秋楽 ライブ中継

 

来月からの東京公演前の予習と、千秋楽とはどんなものかの勉強も兼ねて、

昨日の宝塚大劇場 幕末太陽傳 千秋楽 ライブ中継に行ってきました。

 

f:id:reihasaniha:20170530121557j:image

 

TOHO 日本橋、意外にも満席ではありませんでした。私の隣も空いていたし。

お席は後ろから2番目で見やすかった。

 

 

幕末太陽傳

 

少しの予習で観ましたが、ラストまであっという間で、とても楽しめました。

オペラで忙しくない分、集中して観ることができたのも良かった。

私にとってオペラは結構ストレスなのかも・・・

 

映像なので細かな表情をたくさん見ることができ、ちぎさん(早霧せいなさん)のくるくる変わる表情には本当に引き込まれました。

やはりどう見ても男性にしか見えない。

動きもコミカルだし、小物の使い方が絶品で、最後まで切符がよく飽きないキャラクターを演じられていました。

 

ゆうみちゃん(咲妃みゆさん)は、さすがの女優さんで。

普段のおっとりした話し方からどうしたらあの声音が出てくるのか・・・そのギャップに毎度驚かされます。

 

今回、私の視線を捉えて離さなかったのは、あんりちゃん(星乃あんり)演じるこはる。

小悪魔的なかわいい女郎が本当にぴったり。

かわいいだけでなく、女郎としての生きる度胸もあってすごく素敵な舞台姿でした。

 

 

Dramatic “S”!

 

こちらは正直、あまり覚えていない。。

ショーがタイプでなかったということではなく、やはりショーは躍動感ある空間で観る生の舞台に限る、という結論。

先に生でショーを見てからの映像だったら、違う感想が出てきたと思うが。

来月からの東京公演を楽しみにします。

 

ショーでひときわ印象に残ったのは、だいもんさん(望海風斗さん)

あのお方、舞台の上だとものすごく濃く見える。

アイスで言うとピエールマルコリーニの濃厚チョコアイス、お酒で言うとブランデーストレートのような。ものすごく濃厚。存在感抜群でいいですね。

 

また103期生のロケット、懸命に晴れ晴れと踊るフレッシュな姿は本当に清々しかったです。

 

さよならショー、盛りだくさんで華やかでした。

でも、私自身、エネルギーが切れてしまって・・> <  集中できず。

退団者ファンの方にはたまらないショーであったことは間違いありません。

 

そして退団者の挨拶、袴姿で大階段を降りてくるお姿にはグッと胸に迫るものがありました。

 

 

さてさて、幕末太陽傳はしっかり予習できたし、あとは東京公演を待つのみ。

今回本当にチケット難で・・・なんとか確保できた一枚のお席はちょっぴりいまいちなので、先にライブ中継で予習できてとても良かった。

 

 

 

 

 

ジェルネイルからマニキュアへ移行

 

 

長年、セルフで楽しんでいたジェルネイルf:id:reihasaniha:20170516080535j:image

 

気付いたら、約7年はジェルがのっていないことがなかった

f:id:reihasaniha:20170516080555j:image

 

ネイルチェンジの際にお目見えする爪が少々お疲れ気味に見えた&3週間毎のネイルチェンジも義務感が先行してきて私自身もお疲れ気味に・・

 

思い切ってマニキュアへ移行してみることに。

 

移行後は失敗の連続、というか無知だっただけなのだけど、うまくマニキュアがのらなくて、翌日からはがれてくる悲惨な状態が続き。

マニキュアってこんなに難しかったっけ・・・?

ジェルに戻ろうかな、と思い始めた矢先、インターネットで地爪を磨く大切さを見かけました。

 

 実際に爪の表面を磨いて、マニキュア前にはエタノールで余分な油や水分を拭き取り、薄めにマニキュアを重ねていったところ、なんとも艶のある仕上がりに。

 

2日置きくらいにトップコートを重ねれば1週間はキレイに保てるようになりました。

 

また、横着してアセトン&キッチンペーパーでネイルオフしていたのをコットンに切り替えたところ、スムーズにオフできるように。

やっぱりなんでも押さえどころってあるんだな。

 

華やかキラキラのジェルネイルも大好きだけど、マニキュアのシンプルさもすごくいい。

 

オフも5分とかからないし、速乾のトップコートを使用しているので、両手のネイルも30分くらいで出来る。

もともとセルフジェルネイルもネイルサロンに行く手間を省くのに始めたのだけど、マニキュアはさらに時間節約できてしまう。

一週間ごとに爪も適度な長さに切れるので清潔感も感じられます。

 

ジェルで薄くなった爪もほぼ回復してきました。

(サロンできちんとケアしていれば爪は薄くならないと思いますが、なにぶん素人セルフのため爪が薄くなっていました)

 

しばらくはマニキュアを楽しもう。

 

*素晴らしい速乾のトップコート<マヴァラ ドライ>

使用する価値ありです。トップ2回塗り後、慎重に15分ほど時間とるだけで通常の指先を使う生活が出来ます。