ひとりでいるしあわせ

ひとりで何かをすることに無上の喜びを感じる そんな内向型な私の一人行動の記録

王妃の館/VIVA! FESTA! 観劇2回目

 

少し過ぎてしまいましたが、

実咲 凜音さん、ご卒業おめでとうございます。

美しい姿を見させてくださり、本当にありがとうございました。

 

レビュー「VIVA FESTA」をもう一度見たくて、千秋楽間際に再観劇

f:id:reihasaniha:20170501075637j:plain

 

今回は親戚の子にオペラを貸出中だったので、オペラなしでしたが、

前方のお席だったため、なくても問題なく、むしろないとストレスフリー。

 

 

王妃の館

 

ジェンヌさんの一挙手一投足を拝見するのが好きなので、私にとって少々退屈なストーリーは脇に置きつつ、

下手のセリが真横のお席だったため、

みりおんが捌けるところや、ルイ14世扮するゆりかさんの登場シーンなど間近で見ることができ、同じ人間とは思えない美しさに感無量の舞台でした。

 

前回、見逃した華雪りらちゃんは一度だけとらえられたかな。

カンカンの場面で、クレヨンに嫉妬から「もーう」って押されてる娘役がそうだったと思う。

 

VIVA! FESTA! 

 

どこをどう切り取っても見所満載で楽しすぎるレビュー

f:id:reihasaniha:20170501075533j:image

 

私の見所は、

 

妖艶なフェスタのみりおん

フェスタを歌うまぁ様の歌声

凛として上品で前髪を少し足らしたオールバックが格好いい牛追いのまぁ様

とても楽しそうで似合っているカウガールのまどかちゃん

笑顔が素敵で赤いブラウスがよく似合うエンシエロのモンチさん

怖いのに美しい魔女のすっしーさん

その周りをうろちょろしてる可愛いチビ魔女達

韓流ナンバーでキレキレダンスの風馬翔さん

女ソーランの音楽

ソーランで漢前のゆりかさん(前回より大きく見えたような)

皆がみな格好良すぎる黒燕尾

そこに登場する女神のようなみりおん

信頼、尊敬、愛情マリアージュな美しいデュエダン

 

ありとあらゆるものが私のツボをつくようで、こんなに楽しませてくれるレビューに出会えて本当に幸せ。

何度も見たくてDVDを購入したのは後日談ですが、細かい表情など映像ならではの躍動感も見れてDVDもいいものですね。

みりおんの表情が美しすぎて、特に口の開き方が本当に美しい。

断捨離してから、紙などの本やDVD等は持たないようにしてきましたが、宝塚DVDはプログラムと同様に例外となってしまいそうかも。

 

公演のお供

f:id:reihasaniha:20170501075621j:image

 ペニンシュラのマンゴープリン

MAX2時間保冷で、ややぬるめになるのは想定内。

公演に一花添えてくれ、美味しくいただきました。

 

 

次回の星組公演「スカーレット・ピンパーネル」は、母の日孝行で、母同伴で観劇予定のため一人観劇はおやすみ。

 

 

 

 

reihasaniha.hatenablog.com

 

 

 

王妃の館/VIVA! FESTA! 観劇

 

宙組によるミュージカルコメディー「王妃の館」を観劇してきました。

 

一言、、、最高ーーーに面白かった。

ミュージカルもショーも。

面白すぎて楽しすぎて観劇後数日経ってもまだ昂揚感が残っており。

感激が大きく、まだ色々と思い返している時期のため、感想がまとまっていないけど、新鮮なうちに記録に残していこうと思います。

 

王妃の館

 

原作をかなりうまくまとめられていると感じたのと、キャラクターと演者を上手にリンクされていて、原作より面白いと思わされた舞台でした。

 

笑い所も諸所に用意されており、むしろ多いくらいだと思うのですが、全然しつこさを感じず、毎回クスクス笑ってしまうという。

物語の展開が早く飽きる時間がないどころか、見たい人が多すぎて、肉眼とオペラで大忙し。

奇抜な衣装の数々も見応えがありました。

 

また、皆さんの細かい演技に引き込まれ、始終唸っておりました。

 

岩波ご婦人(花音舞さん)

f:id:reihasaniha:20170411225702j:image

立ち居振る舞いに本当のおばあちゃまが出演されてません??って最後まではてなマークが。

だって、あんな感じの可愛いおばあちゃま、居ますよね?居ます。

立っている姿も足の開き具合から、腰のかがみ具合、声の出し方、完全におばあちゃま仕様。

未だにタカラジェンヌさんが演じられていたなんて信じられない・・・

あっぱれすぎでした。

 

ムノン(松風輝さん)

f:id:reihasaniha:20170411225713j:image

動きや話し方、お姿がディズニー映画みたいでとても可愛かった。

 

 

絵になるお二人

f:id:reihasaniha:20170411225900j:image

麗しい・・・麗しすぎる・・・

 

 

VIVA! FESTA!

f:id:reihasaniha:20170411225636j:image

 

ショーでは客席降りがあると知ってから、この日が本当に楽しみで楽しみで。。

抽選で当たったお席がたまたま1階の通路側という素晴らしすぎる席で、これ以上ないってくらい贅沢にショーを堪能させていただきました。

 

■ハイタッチ

芸能人やなにやらとハイタッチをしたいとはミジンコも思いませんが、そこは大好きな宝塚「ハイタッチしてください」という気持ちで手を出させていただきました。

実際は舞い上がるというより、驚きと感激やらいろいろなものが混じって半分固まっていたような気がしますが、もう皆さん優しくて、ちょっと通り過ぎてもわざわざ手を伸ばしてタッチしてくださったりと、本当に本当に有難いお時間でした。

 

■客席降りでダンス

私の近くは娘役さんがこちらを向いてダンスされていたのですが(ごめんなさい、どなたか分からず・・・)もう可愛くて可愛くて可愛すぎて眩しすぎて、チラッと見たり、目をそらしたりと不審者具合な私。。

あの満面の微笑みをし続けながら踊る、って凡人の私には想像もつかない境地。

あの若さでどれだけの訓練鍛錬を積まれてるかと思うと、、本当に尊敬でしかありません。

 

VIVA! FESTA! 大好きなショーになりました。

 

 

 

 

~ここからは個人的に気になった方の感想を~

 

真風 涼帆さん

 

ソーラン節では男性にしか見えない、とインターネットのあちこちで目にしますが、もう本当にそう。

地元の青年団リーダーにしか見えず、本当に凄すぎました・・・

お一人での客席降りでイエーイは見えませんでしたが、私の席の通路は後ろから降りてきたのですが、

通り過ぎる前から後ろから大きなものが迫ってくる感じ、、

そして通り過ぎてからも大きなものを引きずっていてそれに飲み込まれているような、、まるで龍のような迫力と大きな大きな大きな存在感がありました。

これが次期トップの風格なのでしょうか。

ゆりかさんがこうしてトップのような風格を自由に出されているのも、その裏にはまぁ様の存在ありきなのでしょうね。

まぁ様はすでに様々なものが淘汰され、トップをも超越した神々しい存在になられているように感じます。

大きな器という言葉では収まりきらない器をお持ちなんだろうな、と勝手に想像させていただいています。

 

 

実咲 凜音さん

 

みりおんさん、みりおんさん、みりおんさん

美しすぎて美しすぎて・・・

容姿端麗、演技、歌、ダンス、どれもトップクラスなのは存じておりましたが、ショーでのこのお姿を拝見し、ど肝を抜かれてしまいました。

f:id:reihasaniha:20170411225651j:image

登場した時の妖艶な表情、目線ががあまりに妖しく美しすぎて・・・

何かこの世のものではないものを見させられてる感じで、

今でもあの表情が目に焼きついて離れません。

今後、宝塚の舞台でみりおんさんの姿を拝むことはできませんが、あの妖艶なお姿を拝見でき、もう思い残すことはありません。

 

 

星風 まどかさん

 

常にまどかちゃんが舞台にいると思わされるくらい出ずっぱりだったような・・?

可愛いし存在感あるから目立つし、私はまどかちゃんはタイプなので、オペラで追い回してしまいます。

今後、どのような脱皮を重ねられるかとても楽しみです。

 

 

風馬 翔さん

 

今回、ハートをわしづかみされた風馬 さん。

アダルトな色気と強引な雰囲気がなんとも言えない。

マニアックな格好良さで、宝塚界の石橋 凌とこっそり呼ばせていただこう。

 

 

まとめ

 

宙組さんの印象は、「アダルト、自由、派手、洗練」

こういう雰囲気、大好き。

 

今回、残念だったのは、可愛い華雪りらちゃんが一度もとらえられなかったこと・・・あんなに可愛い子を見つけられないとは私の目は節穴でしょうか・・・

一体どういうことなのでしょう。。。

次回は絶対に。

 

本公演にもう一度足を運びたい気持ちが多分にありますが、一度だからこそ全力投球で観劇するのも今のところ1つのスタイル。グッと我慢我慢~。(半分泣いてます)

今回は良席に恵まれ何よりでした。

次回の公演を楽しみに、宙組の皆様、素晴らしい時間をありがとうございました。

 

 

 

 

 

公演のお供

 

レフェクトワールで

f:id:reihasaniha:20170411225621j:image

 アボカドとエビのサンドイッチ

 とろけるアボカドにぷりぷりなエビ、絶妙な塩加減のゆで卵で美味しすぎるサンドイッチでした。

f:id:reihasaniha:20170411225605j:image

 チョコは幕間のおやつ

時間が短いので、最近はおやつや飲み物持参で臨んでます。

好きなサンドイッチやおやつを購入してから向かうのも楽しみの一つになりつつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:reihasaniha:20170411225605j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごまらぁ 2回目 -lunch-

 

 

辛いものが食べたい

坦々麺が食べたい

ごまらぁが食べたい

とのことでこちらへ再訪

 

f:id:reihasaniha:20170325001154j:image

 

 

メニューに辛み増しというのがあったので、口答でお願いすると、ハーフのような端正な顔立ちのお兄さんが「何辛にしますか?」とのこと。

一辛50円で、どのくらいの辛さか伺うと一辛「唐辛子スプーン1杯」との返答。

ラー油系の辛さを想像していた私は、唐辛子は坦々麺には合わないなぁ、とのことで断念。

お兄さんも辛み増しで頼んだ時「ごまらぁ」に辛み増しでいいっすか?って聞いてくれてた。うん、合わないよね。

 

 

お待ちかねの「ごまらぁ」登場

f:id:reihasaniha:20170325001217j:image

 

 そうそう、これこれこのビジュアル

無駄がなく、きれいにまとまってる。

 

 

いただきます。

 

 

あれ?前回より美味しく感じる

f:id:reihasaniha:20170325001340j:image

 

 

うん?ちょっとラー油系の赤みが前回より多い気が

 

 

f:id:reihasaniha:20170325001400j:image

 

お肉をどかしてみると、その下も赤い

嬉しい~美味しい~って食べ進めて、途中でハタと気づいた。

もしかして辛み増しをオーダーしようとしたから、多めに入れてくれたのかも。

だとしたらなんと粋なお心遣い。

 

スープは完全にポタージュ状態なので、麺と絡む絡む。

またこのラー油系がコクがあって美味しい。

もう本当に美味しい~。

 

ごちそうさまでした。

 

 

ごまらぁは季節限定ラーメンで、

情報によると春はぴざらぁ、夏は冷やし坦々麺だそう。

冷やし坦々麺、絶対に食べに行く。