ひとりでいるしあわせ

ひとりで何かをすることに無上の喜びを感じる そんな内向型な私の一人行動の記録

悩み

 

 

 

同じ事象に対して、悩む人もいれば悩まない人もいる

 

だから悩みに意味があると私は考えます

 

悩む、ということにとてつもない意味と価値があると私は考えています

 

悩みには必ず終着があり、

 

そこは自身にとって心から納得のいく答えが出てきた所(時)だと思っています

 

悩みという枠から飛び出した時、自分の人生が見えてくる

 

そこから得た答えや結果、乗り越えた自信などが自分や周囲を彩る

 

悩みの先は生きる道につながり続けている

 

 

 

 

 

ごまらぁ 2回目 -lunch-

 

 

辛いものが食べたい

坦々麺が食べたい

ごまらぁが食べたい

とのことでこちらへ再訪

 

f:id:reihasaniha:20170325001154j:image

 

 

メニューに辛み増しというのがあったので、口答でお願いすると、ハーフのような端正な顔立ちのお兄さんが「何辛にしますか?」とのこと。

一辛50円で、どのくらいの辛さか伺うと一辛「唐辛子スプーン1杯」との返答。

ラー油系の辛さを想像していた私は、唐辛子は坦々麺には合わないなぁ、とのことで断念。

お兄さんも辛み増しで頼んだ時「ごまらぁ」に辛み増しでいいっすか?って聞いてくれてた。うん、合わないよね。

 

 

お待ちかねの「ごまらぁ」登場

f:id:reihasaniha:20170325001217j:image

 

 そうそう、これこれこのビジュアル

無駄がなく、きれいにまとまってる。

 

 

いただきます。

 

 

あれ?前回より美味しく感じる

f:id:reihasaniha:20170325001340j:image

 

 

うん?ちょっとラー油系の赤みが前回より多い気が

 

 

f:id:reihasaniha:20170325001400j:image

 

お肉をどかしてみると、その下も赤い

嬉しい~美味しい~って食べ進めて、途中でハタと気づいた。

もしかして辛み増しをオーダーしようとしたから、多めに入れてくれたのかも。

だとしたらなんと粋なお心遣い。

 

スープは完全にポタージュ状態なので、麺と絡む絡む。

またこのラー油系がコクがあって美味しい。

もう本当に美味しい~。

 

ごちそうさまでした。

 

 

ごまらぁは季節限定ラーメンで、

情報によると春はぴざらぁ、夏は冷やし坦々麺だそう。

冷やし坦々麺、絶対に食べに行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

スワロフスキー シャープペン

 

 

 f:id:reihasaniha:20170322114918j:image

 

■使用したスワロフスキー

ブラックダイアモンド ss7(300粒)

クリスタルAB ss7(300粒)

 

■シャーペン

ステッドラーシャープペン シルバーシリーズ 925 25-05 0.5mm

 

 

落ち着いた感じをイメージしていたんだけど、施したドットが余計だったかも。

それより、製図用のシャーペンだから普段使いには向いていなかったなぁ、残念。